>

目立たずに尾行ができる人

度胸のある人
人目を気にする人は、どこか挙動不審になりがちです。
尾行中にびくびくしていては、目立ってしまい不自然にうつってしまいます。
想定外に行動をされても動じずに振る舞うことが出来なければいけません。
堂々としていなければ、聞き込みもスムーズにいかず怪しまれてしまいます。
目立たない人
美人・美男子で目立つ人は、工作員にはいいですが、探偵にはあまり向いていません。
遠くから見て、特徴がわかりやすい身長が高い又は低い人、体型が太っていたり痩せすぎていても印象に残ってしまいます。
人とすれ違っても振り向かれないような目立たない人でなければ、尾行は難しくなります。
声や動作などの大きい人も厳しい場合があります。
そして、おしゃべりな人よりは、無口の方が向いているようです。

地道に勉強が続けられる人

コツコツと勉強して努力ができる人
探偵業は、ゼロから学ばなければならないことが多く、技術を勉強し続けなければなりません。
調査に必要な尾行の仕方や良い映像を撮るための撮影方法など基本的なことを何度も練習して体で覚えていきます。
地道にコツコツと努力を積み重ねていくことができなければ、一人前の探偵になれません。
パソコン操作や文章力
調査報告書を作成するためには、最低限の文章力とパソコン操作が必要です。
人生経験のある人
探偵では、男女間の問題を多く扱いますので、色々な経験してきた方の方が向いているといえます。
浮気や不倫経験で修羅場を経験、夜の世界で遊んできたなど。
知らないことが多すぎると現場の調査で支障をきたす可能性もあります。


探偵に向いている性格はあるのでしょうか。

この記事をシェアする